アトリエコジマ~注文住宅理想の間取り作りと失敗しないアイデア・実例集~

間取りおたくの希望をかなえる理想の住宅のための間取りの実例とアイデア集。家事動線収納重視、美しく強固で日当たり良く暖かい明るく楽しい家族のすまいの情報満載。

注文住宅の外観デザインの決め方その2「我が家の物語」

time 2018/04/09

注文住宅の外観デザインの決め方その2「我が家の物語」
Pocket

出典:JTB

ご結婚はどんなきっかけで決めましたか?
と聞かれて「路地裏の居酒屋で隣の席に、、、」というと
演歌の世界ですね。
同じ質問に
「高原のペンションで、ギターを弾いていた彼の曲に
歌がふと私の口をついて出て、会話が盛り上がって、、、」
といった物語が有るとカッコ良いですね。

sponsored link

注文住宅の外観デザインは「私はこれが好き」が基準です

一時代前には結婚相手を「高学歴・高収入・背が高い」の3高で、、、
という話もありました。
けれどもそれは「私はこの人が好き」という大前提が有っての事
でなければなりません。

家の外観も同じことが言えます。
外壁は汚れにくい材料で、窓は、、、、と言って作っても
それをデザインとしてまとめ上げ性格づけるのは
住まい手の「私はこれが好き」でなければいけないのです。
その「私はこれが好き」をもっと強力にしたのが
「我が家の物語」です

注文住宅の外観 デザインはどうやって決めたの?ママ 編

 

出典:KiyonoSaitoさんのブログ

お子様に「お家のデザインはどうやって決めたの?」
と聞かれた時の決めせりふが有るといいですね。

上の例でいえば
「高原のペンションでパパと出会ったの
そのペンションがこのお家のような素敵な建物だったのよ」
というような、、、
嘘をついてはいけませんね(^^ゞ

嘘をつかないで済むようにしましょう。
たとえば
「アルプスの少女ハイジ」の絵本が有るでしょ。
子供のころママも大好きだったの、だからハイジの家のようにしたのよ。
とか、、、、

 

出典:ジグソークラブ

「赤毛のアン」でもいいですね。上の写真がアンの家です。

 

 

注文住宅の外観 デザインはどうやって決めたの?パパ 編

出典:アイフルホーム

同じ質問にパパだったら、どうしましょうか、、、
真顔になって「地球の環境の事を考えてエネルギーゼロの家にしたんだよ
だからこういうデザインになったんだ」
というのも説得力がありそうですね。

出典:SUVACO

「人は森の中に住んでいた類人猿から進化したんだ。木をむき出しにした内装にしようと考えて外断熱の家にしたんだ」
というのも良いかもしれませんね。

注文住宅の外観デザイン あまりおすすめしない物語

出典:マイナビニュース

「クレヨンしんちゃんの家」や「のび太君の家」はおすすめしません。
ちょっと古くてわびしい感じになります。

上の写真はしんちゃんの家です。

 

注文住宅の外観デザイン 絶対おすすめ出来ない物語

 

出典:CASTEL

いくら好きでも
「シンデレラ城」や「アナと雪の女王のお城」はやめてください
理由はお分かりだと思います。

誰も信じてくれないと思いますが、、、、、
どんな外観にしたいですか?という質問に
送ってくださった画像が西洋のお城の写真というケースがありました。
をれも平屋がご希望で2階にはロフトだけというご希望。
さらにご予算は控えめという条件でした。
「無理」とか「できない」とは言わないことをモットーにしていますが
ローコストの平屋建てでシンデレラ城にしたいというのには
条件を少し変えていただくようにお話しました。

まとめ

あなたの夢をかなえるのが注文住宅です。
「機能ばかりを考えていたらこうなっちゃった」
というのではちょっと淋しいですね。
「私はこれが好き」をさらに進めて「我が家の物語」
にすることをお勧めいたします。
この記事があなたの家づくりのお役に立てますことを願っております。

sponsored link

down

コメントする




理想の間取り図実例集

ブックマーク

プロフィール

アトリエコジマ

間取作造こと一級建築士宮崎雄策が主催するインターネットの設計事務所です。

あなたの理想の間取りを短時間、低価格、高品質で提供いたします。

日本全国どこでも、24時間いつでも繋がるサービスです。

 

間取作造

間取り作りが三度の飯より好きな「間取りヲタク」です。

住まい手の理想の間取りを作るのが生きがいです。

納得いくまで何度でも変更・修正する事をお約束しています。

お問い合わせはこちらから





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文(必須)

アーカイブ

ブックマーク



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。