家作りなんでも相談、困ったらすぐ連絡してみよう

コロナ後はV字回復その理由と方法

 
V字回復
この記事を書いている人 - WRITER -

こんなコロナの情報がありましたご確認いただき共感できましたら拡散ください

不安を煽るだけのオールドメディアの情報でもしっかり見つめれば本当のことが分かるのだと思います

コロナ恐怖を煽れば経済が成り立たなくなります

私たちのの生活を早く元に戻したいのであれば、正しく情報を読み解き正しい情報を広げる必要が有ると考えます

現状はコロナを乗り越えV字回復する方向に有ると言えます

まずは野村 慶太郎という方のFacebookの記事を紹介させていただきます

https://www.facebook.com/keitaro.nomura



sponsored link


野村 慶太郎氏プロフィール

野村 慶太郎氏は

(ヨーグルトメーカーの)チチヤス乳業の創業者の子孫でチチヤス乳業に勤務後15年前に退職

今は「バイオガイア」というスウェーデン本社の外資系バイオ企業の日本法人の社長をされています

「ロイテリ菌」っていう世界最強の乳酸菌を医療現場で活用する仕事をしており

PCR検査しょっちゅうやってる

という事だそうです

野村 慶太郎のFacebook

そのままの引用だと一部の方に正しく伝わらない恐れを感じますので意訳させていただきます

切れのいい文体で私好みですぜひ原典をご覧ください

(以下引用)

「PCR陽性者」≠「感染者」

8月2日 20:20

東京では連日数百人の「PCR陽性者」が発見されて「感染者」が全国に広がっているような報道だ。

ウチは菌の専門企業なので昔から菌の種類を判別するのにしょっちゅうPCR検査を使ってきた。

PCRを普段から使う医療関係者なら知っている常識だが

「感染者数」として報道されているのは「感染者数」じゃなくて「陽性者数」だ。

決して「感染者」ではない。あくまでも「陽性者」である。

「感染」に至っていない「曝露者」が大勢いる

その中には「感染」に至っていない「曝露者」が大勢いる。

コロナウィルスが細胞に侵入したら「感染」なのだが、その前に、ほとんどが自然免疫で処理されてしまう。

更に「感染」しても普通はT細胞が細胞ごと破壊する。

だから、ここまで「曝露者」と「感染者」の98%が「自然免疫」で片付いてしまう。

今の統計を正確に読み込むと分かるけど、「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っている

国による違いがあるがコロナは「日本人の場合」、曝露力は強いが、感染力が弱いから、重症者も死亡者も大変少ない

1、陽性反応者
単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。
免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人
2、感染者
ウイルスが細胞内に侵入した人。無自覚、無症状多数。
3、患者
発症してる人。
そして死亡者は全然増えていない。

なのになんでこんなの国を挙げて第二波だの緊急事態宣言だのと騒いどるんだ?
なんでNHKも保健所までただの陽性者を「感染者」と呼んだり「患者」と呼んだりするんだ?
一体どうしてしまったのだ?日本は。

(中略)

まるでマスコミが大騒ぎして煽って第二次世界大戦に突入していった頃の日本に戻ってないか?

(以下略引用終わり)

集団免疫獲得のプロセス?

私は今の状況を集団免疫を獲得する途中段階にあって

重症者も死者も少なく比較的うまくいっている状況だと考えています

これは素人の私の考えですのでナンセンス、人命を軽く見ている

と批判されるかもしれませんが…

英国ジョンソン首相の方針

2月ごろだったか初めて武漢肺炎のニュースが入ったころ

いろいろな国がいろいろな対応をするという情報がありました

その中で当初イギリスのジョンソン首相が言っていたのは

「集団免疫を獲得してパンデミックを抑える」という事だったと思います

その後想像以上の感染拡大と自らの感染で方針転換をされたようですが

状況を見て勇気をもって柔軟に変更する姿勢に共感を持ちました

集団免疫

集団免疫は免疫獲得者を増やすことで感染爆発を防ぐ方法だと思います

MEDLEYさんというサイトからお借りしました

詳しくは原典をご確認ください

執筆者園田 唯(医師)

https://medley.life/news/5ecdbd58cd81dc11014c0598/

集団免疫により社会全体で感染を抑え込む

「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っている

という野村先生の分析は「抗体があって感染しない」人が多いという事ですよね

それは上の図の右側の絵になるのだと思います

だとすれば無症状か軽症で治った「PCR陽性者」の増大は

集団免疫の獲得のためには歓迎すべきことでは無いのでしょうか?

日本の感染と対策

野村 慶太郎氏の分析では

「日本人の場合」、曝露力は強いが、感染力が弱いから、重症者も死亡者も大変少ない

という事です。

8月10日のニュースでもその事実が確認できますのでその通りでしょう

この傾向が拡大するとウイルスに暴露されても感染しない人が多くなって

「感染」しなくなる「集団免疫を社会が獲得する」ことになると考えるのは

私だけでしょうか?

どんな意図で「集団感染」の考えを報道しなくなり

「PCR検査陽性者」を「感染者」と呼ぶようにしたのでしょうか?

詳しくは分かりませんが「意図」をもってメディアが報道しているのでしょう

【結論】既往症のある方と高齢者さえ気を付ければ社会生活は元に戻せる

これまで述べた事だけでも

日本では集団免疫を獲得するプロセスが順調に進んでいると考えられます

高齢者と既往症患者が感染しないように注意が必要

武漢肺炎が恐ろしいものと認識されたのが

タレントの「志村けん」さんと相撲取りの「勝武士」さんが亡くなった事が

大きいと思います

大相撲 新型コロナ感染の力士が死亡 28歳 20代以下は初めて

「勝武士」さんの画像はNHKさんよりお借りしています

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200513/k10012428091000.html

志村さん享年70歳の既往症は明確にはされていませんが

高齢、持病あり。ヘビースモーカーという情報があります

「勝武士」さんは享年29歳糖尿病の持病が相当悪かったそうです

8月10日の時点では30歳以下での死亡は今の所「勝武士」さんだけです

既往症の無い若年層はウイルスに暴露しても重症化しない

既往症の無い若年層はウイルスに暴露しても重症化する事が無いことが

約半年のデータにより実証されました

これはウイルスが大きく変異しなければ今後とも大丈夫だと思います

正しい情報が収束を促進する

1996年に「腸管出血性大腸菌O157」が流行して大騒ぎになったことがあります

その時もマスコミは煽り立てて全人類が死滅すると言わんばかりの報道だったことを覚えています

ある時をきっかけにピタッとその流行が納まりました

その後は年に数回取り上げられることもありますが「大流行」の報道を見ることはありません

O-157の流行は情報によって収束した

「腸管出血性大腸菌O157」何とも恐ろしい名前ですね

その流行を見ると

●1990年浦安幼稚園におけるO157集団食中毒事件 : 発病者 319人 死亡者2人

●1996年岡山県の小学校給食による集団食中毒事件 : 発病者 468人 死亡者2人

●1996年大阪堺市O157集団食中毒事件      : 発病者 9523人 死亡者3人

●2000年埼玉県高齢者施設浅漬け集団食中毒事件  : 発病者 7人 死亡者3人

●2002年宇都宮老健施設O157集団食中毒事件 : 発病者 123人 死亡者9人

●2011年富山県ユッケO111O157集団食中毒事件 : 発病者 181人 死亡者5人

●2014年静岡市花火大会O157集団食中毒事件 : 発病者 510人 死亡者5人

●2017年群馬県 惣菜店O157集団食中毒事件 : 発病者 11人 死亡者1人

1996年の9523人が最も多いですね

データは広島県の一般社団法人安佐医師会さんからお借りしました

「緑茶を飲むと発症しない」という情報で感染自体が収束

「緑茶に含まれるカテキンに殺菌効果があって、緑茶をを飲むと発症しない」という事実が発表されて

巷間に広まると波が引くように流行が収りました

必要以上に恐れる事が無いことが分かると

感染者も少なくなるというのが面白いことだと感じました

正しい知識を国民が共有して適切に行動することで

O-157を克服しました

コロナの流行も正しい情報で収束に向かう

今回のコロナウイルスに関しても

若年層には重症者がいない

PCR検査陽性は集団免疫獲得に向かうプロセス

要注意なのは高齢者と既往症をお持ちの方だけ

という事実を知ればGOTOキャンペーンも決して無謀なものではないはずです

V字回復への道

武漢肺炎の蔓延の責任は中国共産党にあります

その責任をあいまいにするために日本の政府に濡れ衣を着せようとするようなオールドメディア

その報道を正しく読み解く国民が増えれば

自ずから「周りに感染を広げないマナーを持って積極的に行動することが可能です」

そうした姿勢が日常を取り戻す行動になりV字回復に繋がります

しばらくの間は貿易や渡航は限られた国や地域になり内需拡大の政策を行う事になります

国民の賢明な行動があればV字回復が可能だと考えます

一人でも多くの方が明るい未来をイメージすることがV字回復の方法です

まとめ

コロナ(武漢肺炎)は

・若年層には重症者がいない

・PCR検査陽性は集団免疫獲得に向かうプロセス

・要注意なのは高齢者と既往症をお持ちの方だけ

という事です

一人一人が明るい未来をイメージして

周りに感染を広げないマナーを持って積極的に行動することが必要だと考えます

この記事を書いている人 - WRITER -

sponsored link




sponsored link







 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です