失敗しない家づくり最強の選択 家づくり計画書一括請求+建築士無料相談

最高の選択

家作りの失敗例を調べてみると

・冬とても寒く、夏暑い。冷暖房費用がかかる・・・仕様の問題

・ローンに追われて生活が苦しい・・・・・・・・・予算の問題

・家事負担が増えた、住みづらい・・・・・・・・・間取りの問題

など沢山の情報が出てきます

失敗の実例から分かる家作りの失敗の原因は何でしょうか?

家作りで失敗するのは「分からない」から

多くの方は

1、家作りは初めてで経験した事がありません

2、相場が分かりません

3、外観は見えるのでわかりますがその構造や断熱など目に見えない物や

 実際の使い勝手や設備などはわかりません

4、建築工事の契約は図面と仕様書で示された内容で契約します

 図面と仕様書を読めないと詳しい内容は分かりません

5、土地だけ見てもどんな家が建てられるか分かりません

という状態です。要するに「分からない」ままに

工務店・ハウスメーカー主導で進んでいくことが問題です。

分かるようにすれば失敗が少なくなることは自明ですね

「分かる様にする方法」は計画書の比較検討と建築士に聞くこと

分かる様にするには次の二つが大切です

1、どんな家になるのか計画書を作ってもらって「見える化」して比較検討する

家作り計画書一括請求

あなたの希望を見える化する

あなたの希望を現実に当てはめるとどの様な家になるのかを「見える化」するためには

土地探し、間取りプラン、資金計画書などをまとめた「家作り計画書」を

工務店・ハウスメーカーさんに出してもらう事です

何もないところではイメージすることは出来ません

比較検討してみる

一つだけ見ていては分からない物でも2つ以上並べてみると

高いとか安いとか、大きいとか小さいとか、格好いいとか悪いとか

目に見える違いが分かります 

土地情報・間取り図・見積書が複数の会社から一括で手に入る

タウンライフ家作りは比較検討には最適な方法です

 

計画書一括請求

2、分からない事は分かる人に分かるように説明してもらう

 

目に見えることは比較検討すると良く分かります

目に見えないところはどうでしょう?

・構造、断熱などの性能

・使い勝手

・日当たり通風など

図面や仕様書を見てもとても分かるものではありません

どうしますか?

ネットで調べてみる

ネットの情報は一般論だったり書いた人の事情があったりで

体系的な情報ではなく、あなたの事情に即した情報でもありません

「調べれば調べるほどわからなくなる」のはそのためです

営業マンに聞く?

「営業マンに聞いたら『大丈夫です』としか言いません。大丈夫でしょうか?」

というご相談を受けることが有ります。たぶん大丈夫ではありません

利害関係のある人に聞いたらその人の都合のよい事しか言いません

利害関係のある人とは「ハウスメーカーの営業マン」ですね

あなたの味方はあなたが依頼した建築士

ここで大事なのは自分の味方に聞くことです

あなたの味方になるのは「あなたがあなたのお金で依頼する建築士」です

比較検討して分からない事を建築士に聞くのが最適解

・「家作り計画書」を比較検討するとわかりやすい

・あなたが依頼した建築士はあなたの判断のための情報を提供できます

この二つを組み合わて使う事で失敗の無い家作りが可能となります

お急ぎの方は下のボタンから家作り計画書一括請求にお申し込みください

もう少し調べてという方はもう少しお付き合いください

計画書一括請求

 

無料相談の仕組みと内容

無料で出来る理由と第三者性の確保

タウンライフ家作りをお申込みいたくと

タウンライフから弊社に手数料が払われます

特定の施工業者からの入金ではありませんので

依頼主の利益に反して施工業者を利することはありません

第三者性を確保しています

 

無料相談の範囲

無料相談の範囲はタウンライフ家作りを利用して

土地選び、工務店選び、造園業者選びを利用する時のアドバイスです

具体的には

一括見積先の選定

タウンライフ家作りのリストには数社登録されています。

その中のどの業者に依頼したら良いか3~4社に絞る作業をお手伝いいたします

沢山の会社に依頼することも可能ですが

営業マンと対応する時間とエネルギーを考えると

一度に3社以上は避けたほうが賢明です

依頼する内容についてのお手伝い

一括見積をとるためには同じ内容で依頼する必要があります

営業に聞かれたことに回答するだけだと

各社にバラバラな情報が出ることになり

提出される内容も条件の違うものとなって比較検討になりません

条件を箇条書きの「要望書」にして渡すようにしましょう

提出された資料を評価する作業のお手伝い

提出された図面と見積書などの資料は図面が読めないと比較できません

長年図面を見ていると図面を一見しただけで

お客様の意向を反映しようとしているか

計画として破綻していないかなどが分かります

あなたの立場になって評価検討をお手伝いします

断る時の話の仕方のアドバイス

3社に一括見積を依頼すると2社にはお断りしなければなりません

また一括請求で提出された提案がすべて不可の時もあります

一括見積を依頼する時は良いのですが

断る時には気まずいものです

断る方も断られる方にも良い話し方を考えます

その他あなたの疑問にお答えいたします

家作りは初めから終わりまで決断の連続です

分からないことの連続です

いつでも気軽に「こんなことを聞いたら悪いかな」

と思うような事でも気軽にご相談ください

 

追加費用が必要な作業

・使い勝手を良くするための間取りの修正や別案の作成で間取り作りの作業をする場合

・設計図を理解するための内観図や外観図などを作成する作業が伴う場合

・日照チェックやウォークスルー動画などの作成で作業が伴う場合

ご負担が大きくならない範囲で

作業の前に予算を相談させていただきます

家づくり計画書一括請求を利用する時の注意事項

家作り計画書は無料で手に入りますが大変価値あるものです

会社の姿勢によりますが「家づくり計画書」を作成するためには

数万円の費用が掛かっているものと思われます

無料で提供されるのは施工会社の「営業経費」として処理されるからです

決して価値の無い物をもらったと思わないで大切に扱ってください

家づくり計画書を請求する会社は3~4社まで

タウンライフの一括申請では6~7社くらいの会社がリストアップされています

「無料なら沢山もらったほうが良い」と思いがちですが

その後に控えている「打ち合わせ」を考えると3~4社に絞って請求することをお薦めします

「打ち合わせ」は「住まいをどうするか」に関してのものです

しっかりとあなたの想いを伝えなければいけません

各社の営業担当にしっかり向き合うことが

良い提案を引き出す結果に繋がります

相手が多くなるとあなたの生活の時間が損なわれることになります

要望事項は箇条書きの「要望書」にして各社に同じものを渡す

比較検討するためには「家づくり計画書」の条件を統一することが大切です

希望事項や、予算を箇条書きの「要望書」にして渡してください

「要望書」をご家族でまとめることによって

ご家族の中での家作りの共通のビジョンが出来てきます

これがとても大切なことです

 

長い話にお付き合いいただいてありがとうございました。

まだまだお伝えしたいことが有るのですが

プレゼントの「あなたの家作りを成功に導く4つの方法」にまとめましたので

そちらをご覧ください

 

いよいよ申し込みです

下のボタンから家作り計画書一括請求にお申し込みください

 

計画書一括請求

建築士無料相談の申し込みはその下のメールフォームからメールアドレスを送信してください

無料相談のメールアドレスとプレゼントのURLを自動返信でお送りします


Copyright© アトリエコジマ~注文住宅理想の間取り作りと失敗しないアイデア・実例集~ , 2020 All Rights Reserved.