家作りなんでも相談、困ったらすぐ連絡してみよう

これで安心!安全な階段を作る4つのポイント(建築士の道具箱)

 
安全な階段を作る4つのポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
気が付かなかったのですが、階段はまっすぐの階段ですか?
直線の階段は落ちた時に危ないので、踊り場があると安全と聞きます
と納品後の間取りの変更のご依頼がありました
安全な階段とは?
確認してみましょう
 


sponsored link


階段の事故4つの原因

子供のころ住んでいた家の階段が
こんな感じの物でした
階段バリアフリー基準1

階段バリアフリー基準1

平面図では
階段バリアフリー基準 1平面

階段バリアフリー基準 1平面

こういう感じです

3尺マス目で3つの大きさを13段で上がるようにしています

階段事故の内容

 
この階段では家族みんなが何度か痛い思いをしています
 
事故の内容は
1、上の方で踏み外して下まで落ちる
 これは2~3回経験が有りますが
 誇張ではなくて命の危険を感じました
 主に尾てい骨から背中、後頭部が痛かったように記憶しています
 
2、回り階段部分で踏み外して3段下まで落ちる
 もう一段直階段が有ると勘違いして 歩幅を間違えて落ちたのだと思います
 これは命の危険は感じなかったもののびっくりします
 足首を痛める怪我をして上から落ちた時よりも大変だったように記憶しています
 
階段の痛さは身をもって経験しております
 

階段事故の原因

階段事故原因を考えてみましょう

 
1、上の方で踏み外して下まで落ちる
この原因は
・階段の仕上げが滑りやすかった
・手すりが無かった
・階段の勾配が急だった
この3つでした
 
2、回り階段部分で踏み外して3段下まで落ちる
この原因は
・階段の仕上げが滑りやすかった
・手すりが無かった
・回り階段では中央に近いところは100mm位しかなく
 上から降りてきて急に踏み面が狭くなるのでリズムが崩れて踏み外した
この3つでした
 

階段事故の対策

階段事故の対策としては
・滑りにくい素材を使う
・手すりを付ける
・階段の勾配を緩くする
・回り階段をやめる
という事で多くの問題は解決できると思います
 

滑りにくい素材を使う

階段の素材は建材メーカーさんの努力で
滑りにくい加工などがされているので良くなってきています
このような材料だと安心ですね
 

住宅用階段ノンスリップを利用する

それでも心配な方は
住宅用階段ノンスリップを利用するのも一案です

手すりを付ける

私が落ちた階段でも手すりさえつけていればバリアフリー基準1の

基準内だったことがわかりました

確かに手すりさえあれば上から下まで落ちる事も無ければ

回り階段で踏み外しても転落はしなっかったと思います

 

階段手摺

階段手摺

写真は大建工業さんからお借りしました

手すりの途中にあるこぶ=グリップの説明用の写真です

握力の弱い高齢者でも滑らないような配慮です

建築基準法で最低片側に手すりを付けるように義務化

平成12年に建築基準法が改定されて

住宅の階段にも手すりの取り付けが義務付けられました

建築基準法施行令階段手摺

建築基準法施行令階段手摺

 
 
 

安全な階段の基準とは

インターネットでは様々な情報を入手できますが
不確かな知識で書かれていることも多く
専門家と称する方の記述にも根拠のないものが含まれることが有ります
 
体系的で根拠のある情報は国土交通省などの出している基準を調べることで得られます
 
 

階段の寸法の蹴上、踏面って何?

階段の話には必ず蹴上(けあげ)と踏み面(ふみづら)という言葉が出てきます

蹴上は1段の高さ、踏み面は1段の奥行(真上から見た)です。

家が出来上がるまで覚えておくと何かと役に立つと思います

蹴上踏面

蹴上踏面

 

住宅性能表示制度 高齢者等配慮対策等級

 
平成12年の「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく住宅性能表示制度の
高齢者等配慮対策等級に詳しく示されています
 
階段バリアフリー基準表

階段バリアフリー基準表

法律なので正確さを優先しているので
簡単にわかるような配慮が足りませんね
私なりの分かりやすさで表現してみましょう
 

階段断面

等級1、等級2、3、等級4、5を横から見ると下の図のようになります

階高や踏み面の寸法などは仮の設定です

設計者、施工者によってまちまちです

等級1では怖くて昇降したくないですね

等級4、5だと安心して使えそうです

実施の設計では階高や段数を適宜決めて行くことになります

階段断面

階段断面

 

高齢者等配慮対策等級1

建築基準法と同じ内容巾70cm以上、蹴上23cm以下、踏面15cm以上、手すり付きですから

上で紹介した私が落ちた階段でもクリアーできているのですね

これから建てる家にはとてもお勧めできるものではありません

階段バリアフリー基準 1平面

階段バリアフリー基準 1平面

高齢者等配慮対策等級2,3

高齢者等配慮対策等級2,3の基準では

蹴上(R)/踏み面(T)≦22/21です45度以上の勾配なのですね

あまり優しい寸法ではないように思えます

550mm≦2R+T≦650mmこれは人間工学からくる寸法で

成人の平地での歩幅約600mmに対して

階段では蹴上の2倍を加えて約600mmにすると丁度良いということです

 

 

階段バリアフリー基準 3平面

階段バリアフリー基準 3平面

3マスを14段で上がっています

実はこれも余り緩い階段ではありません

等級3で回り階段を作ると

階段バリアフリー基準 3-2平面

階段バリアフリー基準 3-2平面

こんな感じです

よく見かける階段ですね曲がり部分を5段で回っています

6段にしても段板の納め方によっては等級3が可能ですが

これもお薦めは出来ません

高齢者等配慮対策等級4,5

高齢者等配慮対策等級2,3より勾配を緩く設定しています

蹴上(R)/踏み面(T)≦6/7です40度程度の勾配です

階段バリアフリー基準 4平面

階段バリアフリー基準 4平面

3尺グリッドの3.5マスを15段で上がるようになります
片側手すりで等級4、両側手すりで等級5になります
これ位だと安心ですね
等級3の直線階段は3マスで納まりますが0.5マス増やすだけで
等級4になるんですね
 

高齢者等配慮対策等級4,5折り返し階段

これをさらに折り返し階段にすると
階段バリアフリー基準4折返階段平面

階段バリアフリー基準4折返階段平面

3尺グリッドで約6マスです

等級3の直線階段が3マスで納まる倍の面積が掛かります

折り返し部分に1段の段を付ける方法もありますが

コンパクトに納める効果はありません

階段の安全の考え方

直線階段は危険という情報は
「直線階段だと階段を踏み外して転落したら下まで転げ落ちる
折り返し階段であれば半分で止まるから安心」
というのが根拠のようです
 
もっともらしいのですが
・踏み面の大きな勾配の緩い階段にして踏み外さないようにする事
・踏み外しやすい回り階段を避ける事
・踏み外して転落しないように手すりを設ける事
という考えが国土交通省による基準から読み取れます
 
迷信のような情報が拡散しないようにして行きましょう
 

まとめ

階段での転落は住宅内で起こる事故中でも上位に上げられます
・滑りにくい段板を使う事
・勾配を緩くする事
・回り階段を避ける事
・手するを付ける事
この4つが安全な階段を作るポイントです
設計段階では勾配を緩くすることが重要です
 
安全な階段の高齢者等配慮対策等級4は3.5マスで15段で可能です
間取り作りの負荷は比較的小さくて済みますので
利用したいですね
 

最高の選択

 

この記事を書いている人 - WRITER -

sponsored link




sponsored link







 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です