家作りなんでも相談、困ったらすぐ連絡してみよう

間取り成功例25坪 平屋でのびのび子育てのコンパクトハウス

 
間取り25坪平屋3LDK外観
この記事を書いている人 - WRITER -

1階床面積      82.64㎡  25.00坪

延べ床面積       82.64㎡  25.00坪



sponsored link


平屋でのびのび子育てのコンパクトハウス

北側隣地への日照を配慮して平屋に収めた計画。

 

配置計画

南側隣地の日影を避けるため出来るだけ北側に寄せて配置します。北側隣地への日影を抑えるために平屋にして北側部分の屋根を低く抑えています。

 

1階平面計画

延べ床面積を25坪に抑えることがご希望。平屋は2階建てよりも面積が広くなりがちです。平屋の中央部分は暗くなりがちです。子供室前の廊下に吹抜を設け屋根の段差部分からのハイサイドライトから採光します。

 

動線計画

家事労働を軽減する方法の一つに洗濯物の室内干しがあります。

 

採光計画

明治時代以降に建てられた多くの紡績工場はのこぎり型の屋根で広い工場内に、屋根の段差を利用して採光する工夫をしています。倉敷のアイビースクエアはハイサイドライトの再利用は少ないものの屋根をそのまま残したリニューアルは一見の価値がありますね。

出典:倉敷アイビースクエア

下の写真は群馬県桐生市の旧金谷レース工業株式会社鋸屋根工場です。大正8年(1919)に建てられた 国指定登録有形文化財です。屋根の形状は違っていてもハイサイドライトは昔から利用されてきた方法です。

出典:フォートラベル

 

日照と通風

日照 

LDKには東と南、寝室には南に大きな開口で日照を確保しています。

 

通風

通風を意識して各室は出来るだけ2面に窓を設けるようにしています。1階のLDKは吹抜けを通じて北への通風が得られます。

 

収納計画

建物中央に玄関から使うシューズクロゼットと廊下から使うクロゼットをまとめました。延べ床面積の11%の収納が確保できています。

 

外観デザイン

柔らかい色合いの茶系の濃淡のツートーンにしています。北側隣地への日影を抑えるために北側の屋根を低く抑えています。屋根の段差を利用してハイサイドライトを設置して平屋中央の日照と通風を確保しました。

 

内観デザイン

平屋の中央部は暗くなりがちです。吹抜を作りハイサイドライトで光を取り入れます。1階から開閉できる窓にすれば通風にも効果的です。

 

まとめ

25坪の面積でも豊かな広がりのある空間が可能です。吹抜の形状によってさまざまな表現が可能です。屋根の段差を利用してハイサイドライトで採光・通風を確保するのは建築の常とう手段ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

sponsored link




sponsored link







 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です